人気のたるみ治療

多くの女性が悩まされている顔のたるみ。
誰だっていつまでも若々しくいられるものだと思いたいですが、 これは一度気になり始めると
鏡を見る度に憂鬱になり、それがストレスにもなってしまいます。

鏡を見る


そんな顔のたるみは、そもそもなぜ出てしまうのでしょうか?
原因を早めに知っておくことで、簡単な対策で間に合うかもしれません。

 一般的に顔のたるみは加齢によるものであったり、
紫外線によるものであったりとされています。

多くの場合、肌細胞の衰えによって弾力性や
保湿性といった機能面が弱まってしまい、
目尻や頬、まぶたといった顔のラインが緩んで
垂れ下がるようになってしまう症状をそのように呼びます。

人と話す時には、まず相手の目を見ますから
目元の印象はとても大事だといえます。

毎日自分で鏡を見ていると気づきにくいものですが、
久しぶりにあった友達などには気づかれてしまいますよね。

逆に自分自身が相手に「ああ、ちょっと老けたなあ」と思うというのは、
相手もそう感じている可能性は高いです。

美容整形で受けられるたるみ治療やシミ治療としては、
まずは失われたコラーゲンを快復して
保湿力を取り戻す処置が必要となります。

たとえばヒアルロン酸や血小板を注射することによって
細胞を活性化させて本来の機能を取り戻させること、
さらには専用の医療機器で高周波と赤外線を
照射することによって皮下組織の動きを活性化させて
肌を引き締めさせること、といった施術が人気を呼んでいます。

引き締めさせる

また、専用の糸を皮膚に埋め込んで張力を取り戻すように
矯正するというシミ治療たるみ治療もあり、
これはメスを入れることがないことからも人気を集めています。
メスを用いる段階になると、たるみの生じている部分を
切除して再縫合することによってピンと張りを回復させる方法もあります。

いずれにしてもこれらは医療施術ゆえに何か問題が起きた時に
すぐに医学的見地からフォローアップしてくれるのも頼もしいところ。

医師とのカウンセリングに貴方の意見を加えながら、
最良の美容整形施術を選択していくことが望まれます。

最古の美容整形が医学

1845年、ドイツの医師 ディーフェンバッハ(J F Dieffenbach、1792 - 1847)
鼻の手術(ユダヤ人に特徴的な鷲鼻を、当時美しいとされていたギリシャ・ローマ人のような
均整の取れた形にする鼻形成術が行われる)を行ったのが近代的な美容整形の始まりとされている。

ディーフェンバッハは傷んだ鼻,兎唇,口蓋披裂などの造形外科のパイ オニアである。
ベルリン大学の教授を務め、眼筋切除による斜視矯正で一世を風靡した。

斜視眼手術はストロマイエルと共に推進した。
ポンぺは佐藤尚中らにディーフェンバッハとストロマイエルを推奨した。

尚中はポンぺから贈られたストロマイエルの外科書を翻訳,『外科医法』として出版した。
ストロマイエルはその外科書をディーフェンバッハに献呈している。
※参照 日本医史学雑誌 第 59 巻第 2 号(2013)

 

  • 顔のたるみ
  • 注射
  • コラーゲン量
  • エステ
  • たるみの原因
  • 引き締める
  • クリーム
  • 引き上げる
  • 栄養
  • サプリの効果
  • 美容外科
  • 部位
  • サプリを使う
  • しみの治療
  • たるみやシワ
  • サイトマップ