たるみを防ぐには


【栄養】





年齢とともに顔のたるみが気になってきた、という人は多いでしょう。
これは、加齢によって肌のハリや弾力を守る成分が
減少しているために起きる現象です。

また、生活スタイルによっては人と話したりするなどの
表情筋を使うことが大幅に減ったがために、顔がたるんでくる
ということも原因として考えられます。

熱がたまる

したがって、たるみを防ぐにはこれらの成分の元となる
栄養素を摂ったり、表情筋を鍛えることが重要です。

 

肌のハリを保っているのはコラーゲンや
エラスチンといった繊維組織です。

なるべく

これらはタンパク質が元になっているので、
鶏肉や大豆などの良質なタンパク質を
多く摂ることで産生を促すことが期待できます。

 

大豆には女性ホルモンと同様の働きをする
イソフラボンも含まれているのでより効果的です。

 

食事によって顔のたるみを防ごうとする場合、
その摂り方も大切になってきます。

コラーゲンの増産を狙うなら、タンパク質を
摂るのはもちろんですが、同時に
ビタミンAを摂るとより高い効果が望めます。

 

ビタミンAはほうれん草やカボチャ、
レバーやウナギなどに多く含まれています。

 

肌のうるおいを守るセラミドも大切ですが、
これはひじきやごぼうなどに含まれています。
特にごぼうは噛むことで顔の筋肉を
鍛える効果もあるのでおすすめです。


こういった生活習慣の見直しなどは健康にも
良い影響を及ぼしますので、取り組むことのメリットは大きいです。