サイトマップ

年齢を重ねるごとに、美容の悩みはつきません。
体には、脂肪がつきやすく落ちにくくなるのに、
顔の脂肪は落ちてしまい顔のたるみが発生します。

特に最近、スマホの普及により、「スマホ顔」なんていう言葉も出てきています。
スマホやパソコンをずっと見続けている姿勢により、顔の筋肉を使うことも
減っていくため、顔がさらにたるんでしまうのです。

機械の悪影響

なかでも、顔のたるみがでやすい部分について説明します。

まず、目元周辺です。
まぶたと目の下の部分にたるみが起こりやすいです。

目の下の脂肪が落ち、影が出来てクマのように見えている場合は
年齢以上に年を取って見えてしまう場合もありますので、注意が必要です。

次に多いのが、口元です。口の周りは
食事や会話などでよく使う部分です。

普段から表情豊かに表情筋を活発に動かしている場合は、
口元のゆるみが出るのも緩やかになるケースが多いです。

顔のたるみを改善したい場合に、もっとも大切なのは
生活習慣を改善する事です。

食事では、コラーゲンやヒアルロン酸をたっぷりと含んだ
牛すじや鶏皮などを食べると良いでしょう。

また、睡眠時間は肌を回復させる大切な時間です。
質の良い睡眠をとり、入眠から3時間はしっかりと
眠るように心がけましょう。


十分な睡眠

そして先述したように、スマホやパソコンを見ている時間が多い人は
極力顔のたるみを意識して定期的に表情筋を使うように心がけるのも良いでしょう。

 

  • 顔のたるみ
  • 注射
  • コラーゲン量
  • エステ
  • たるみの原因
  • 引き締める
  • クリーム
  • 引き上げる
  • 栄養
  • サプリの効果
  • 美容外科
  • 部位
  • サプリを使う
  • しみの治療
  • たるみやシワ
  • プラセンタ治療
  • サイトマップ